地域木材の受皿企業として
日本の森林と地域の雇用を守る

木村産業について

私たち木村産業は、森林資源の豊かな岩手県一戸町に生産拠点を置き、
「良い商品をお客様のもとへ直接お届けする」ことを信念に、
丸太の調達から加工・乾燥、そして物流、販売までを一貫して行っています。
生産能力は年間原木消費量にして約10万㎥と、全国8000社(2009年時点)の製材事業者の中でもトップクラスに入る規模。
このスケールメリットを活かし、良質な国産材を岩手から各地のお客様へお届けします。

木村産業について

木村産業の取り組み

木村産業の取り組み

一本の丸太を無駄なく活用する生産ラインを整え、加工後に発生するバーク(樹皮)を熱源として活用するボイラー開発にも取り組んでいます。

木を活かす

木を活かす

品質、納期、そして価格にもこだわること。 徹底した生産効率の追求が、それを可能にします。

採用情報

採用情報

木材の知識や製材の経験がなくても先輩方のサポートもあり仕事をしていくうちに自然と覚えることができます。重い作業は機械がやるので安心して作業ができます。

お知らせ